英語が全く話せなくてもインターナショナルスクールに入学・編入はできるのか

小学校、中学校、高校など、どこかのタイミングでインターナショナルスクールの入学をお考えのご家庭、多いのではないでしょうか。入学前に気になるのは、やはり子供本人の英語力ではないでしょうか。今回は、「入学のための英語力」についてお話したいと思います。

入学のために相応の英語力は必要

早々と結論を先に書きますと、やはり相応の英語力は必要です。インターナショナルスクールに入れたいのであれば、どのご家庭も数年に渡って準備されています。例えば、中学校からインターナショナルスクールに入れたい場合、小学校2年生・3年生あたりから準備されるご家庭が多いです。また、高校の場合は、中学校1年生からの準備が多いです。

そして、皆さんどのような準備をしているかといいますと、基礎的な英語力を身に着けさえるための英会話、リーディングやライティングなどです。

基礎的な英語力で日常生活を担保する

インターでは校内は英語だけで過ごします。日本語はほとんど使いません。このような環境で生活・お勉強するには、最低限、日常会話レベルは英語で話せるようにしておく必要はあります。また、先生や周りの生徒とコミュニケーションがとれないと、課題の重要ポイントが理解できなかったり、テストで点がとれず、どうしても成績が伸びないということにもつながってしまいます。インターでの生活や最低限の成績を担保するには、まずは基礎的な英語力がどうしても必要になり、そのために時間をかけて入念に準備されるご家庭が多いです。

入学前には英語の特訓はしておくべき

では、ある程度英語ができないと入学ができないのか?という質問もよく受けますが、この質問はYesでもありNoでもあります。当然、入試を受けるという意味では、ある程度英語力は必要です。また、どのご家庭も数年かけて準備されていますので、スタートラインはそれなりに高いところにあります。ですが、入学後にインターの授業についていくには、ずば抜けた才能がなければついていけない、ということではありません。

インターは英語を母国語としない子供たちに、英語教育をしてくれる教育機関です。こちらの記事にも書いていますが、インターが英語を話せない子供たちを、ペラペラになるまで英語教育できる理由は、ESLという優れた英語カリキュラムがあるからです。そのため、入学時点であまり英語が高くなかったとしても、卒業までには英語はペラペラになります。

つまり入学後、ESLのように優れた英語カリキュラムがあるので、英語力は自然と上がっていくので心配ないですが、入学にはとりあえず受験を通らないといけませんので、しっかりと入学前に準備しましょう。

インターナショナルスクールへの進学に強い!

当教室では実際にインターナショナルスクール卒の塾長がお子様の英語力を鍛え、インターナショナルスクールへの進学・編入をアシストいたします。

無料体験レッスンのお申し込み

    土日・祝の無料体験レッスンがおすすめです。
    平日は予約が混み合い、ご予約をお取りできない場合があります。