インターの強みはユニークな卒業資格&海外国内で開けた進路

「2つの卒業資格」というユニークな経歴

筆者は、学歴を聞かれた時に「インターナショナルスクール卒ですので、海外の高校卒業資格と日本の高校卒業資格の両方があります」と答えると、驚かれることがあります。文部科学省が認定している国内のインターナショナルスクールを卒業すると、このようにユニークな学歴を得ることができるのをご存知でしょうか。

文部科学省は、WASC, ACSI, CISなどに認定されている国内のインターナショナルスクールは日本の高校卒業と同等であると認めています。(詳細はこちら:文部科学省)例えば、埼玉県所沢市にあるコロンビアインターナショナルスクールの場合、WASC認定および文部科学省認定のカナダの学校ですので、こちらのインターで高校課程を卒業すると、カナダの高校卒業資格(Ontario Secondary Diploma)と日本の高校卒業資格の両方が得られます。

※Ontario Secondary Diplomaは、カナダやアメリカ、日本を含む世界の一流大学への出学資格として認定されている高校卒業資格です。

また、文部科学省認定のインターを卒業した場合は、国内の大学を受験する時も大検を受ける必要はありません。そのため、国内の有名大学への進学の道をしっかりと残しつつ、海外の進学も有利に狙えますので、将来、幅広い進路の道が開けています。お子様をインターに入れてバイリンガルにしたい、でも海外と国内両方の進学の道を残したいというご家庭にはピッタリだと思います。

将来、お子様が高校を卒業した時に、海外と日本の両方の高校卒業資格が得られたら、きっと本人もそのユニークな学歴を誇りに思うと同時に、卒業できた喜びは人一倍大きなものになるのではないでしょうか。インターは英語で各教科を勉強しますので、日本の学校に比べてお勉強は普通より大変なものになりますが、筆者も経験しましたが、それを乗り越えて卒業できた時の喜びは、言葉で言い表せないくらい嬉しくて、人生で一番の思い出になります。

さて、卒業することも大事ですが、その先の進路はもっと大事ですね。インターを卒業して何が一番良いかといいますと、それはまさに海外留学への道が拓けることです。

 

インターなら海外留学という選択肢が射程圏内に入る

日本の中学校・高校を卒業して、大学から海外留学するというパターンは非常に少ないように思います。それもそのはず、日本の学校を出ただけでは、海外留学するには多くのハードルがあるからです。まず、言葉の壁です。現状、日本の中学校・高校を卒業しただけで、現地大学でやっていけるだけの英語力がある生徒はほとんどいません。日本に住んでいて、日本語で生活しているのですから、当然と言えます。次に、海外に留学した先輩が少ない中で、自分だけで海外の大学の情報を集めて、ステイ先を決めて、実際に渡航までするというのは、かなり厳しいと言えます。留学エージェントに頼るとういのも選択肢の一つですが、留学エージェントは写真などで現地情報を説明してはくれますが、インターのように海外留学中の複数の先輩達から直接話しを聞くことに比べると、やはり薄い情報の中で選択をすることになってしまうことに変わりありません。その他にも、英語で必要な書類を揃えたりするのも、勝手がわからないので苦労しますし、日本の学校から海外の大学に成績証明書を送るだけでも一苦労です。(本人も先生も)そして何より、日本の学校だと海外大学への進学実績がほとんどありませんから、ノウハウがない中で、結局学校が生徒の海外留学をあまりサポートできないというのが現状です。

しかし、これがインターナショナルスクールの場合、状況は一変します。

こちらの記事にも書かせて頂いたのですが、先の例に出たコロンビアインターナショナルスクールの場合、卒業生の約6~7割が海外の大学へ進学していて、毎年海外留学する先輩がいたり、海外の高校・大学との提携あったりすることから、学校自体がこれまでに蓄積した圧倒的かつ豊富な情報・ノウハウがあって、留学を希望する生徒の背中を強力に押してくれます。また、インター卒の場合は、言葉の壁がほとんど無い言って良いと思います。それから、別の記事でも紹介していますが、小1でインターに入った子供は小6の時点で大人顔負け、ネイティブ並に英語を話せるようになっています。情報があって、ノウハウがある環境で、しかも本人に留学できるだけの英語力が備わっているなら、留学のチャンスはとても大きなものになります。ですので、当教室(AOYAMA ABC SCHOOL)は、将来的に留学を考えているご家庭には、間違いなくインターに入ることをおすすめしております。

 

インターに入るなら準備は万端に!

インターに入るにはそれ相応の準備が必要です。まず、いつからインターに入るべきか、学費はいくらくらいか、実際に通えるか、などの検討項目があります。しかし、一番重要なのは、お子様が全く英語ができない状態でインターに入ってしまっては、お子様がとても苦労することになるということです。私(AOYAMA ABC SCHOOLの塾長)は、私自身がインター卒であり、お子様の英語力を育てて磨き上げることで、お子様がインターに入るためのお手伝いをさせて頂いております。ぜひ、当教室の無料体験レッスンをお申し込み下さい。

 

無料体験レッスンのお申し込み

    土日・祝の無料体験レッスンがおすすめです。
    平日は予約が混み合い、ご予約をお取りできない場合があります。