実践の場で使える英語を学びます。

ご存知でしたか?

  • 聞いたことのない単語は発音できない
  • 使ったことのない単語・フレーズは、スピーチ・ライティングでうまく使用できない
  • ライティングとスピーキングは全く別のスキル。スラスラかけても話せるとは限らない

実践的な英語力を身につけます。

日本の英語教育でもたくさんの英単語や難しい文法を学びますが、なぜ自信を持って英語を「使える」状態にならないのでしょうか。
それは、過去に学んだ英語を実際に会話やライティングで使った経験が少ないからです。つまり、日本の英語教育で習うのは「知っているけど使ったことのない英語」です。そのため、教育方法を変えて「知っていて使ったことがある英語」にすることで、あらゆる場面で自在に英語を使いこなせる能力が発揮できるようになります。
当教室では、習った英語を会話やライティングで試せる、またその結果を確認できるようにフィードバックするレッスン方法を採用しています。実践で「使える」英語力を身につけるお手伝いをいたします。