優れたトレーニングで、英語を確実に自分のものに

アシスト・コレクション(修正)・フィードバック

<アシスト>
話題に沿って先生が会話をリードします。 最初からフルセンテンスでの発話は難しいため、先生が生徒の言いたいことを汲み取って、英語表現のお手本を見せます。 この繰り返しで場面に応じた適切な英語表現を学習できるので、次回以降自信を持って英語表現できるようになります。 また、会話で耳が英語になれると「英語の音感」が身につきます。そうすると、リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングの全技能が向上しやすくなります。例えば、 リーディングではテンポよく読めるようになり、ライティングではスピーキングと同様に場面に応じて適切な表現を用いで書くことができるようになります。 特にライティングでは英語の音感通りに書けるため、a/theなどの冠詞抜けを含むあらゆる文法ミスが減り、より精度の高い英文を書くことができるようになります。

<コレクション(修正)>
生徒が発言した後、先生が正しい発音と適切な英語表現に修正してくれます。 より自然で場面に応じた適切な会話ができるようになります。また、このように体験的に学習した英語は覚えやすく、高い学習効果が得られます。

<フィードバック>
それぞれの英語スキルで現在生徒がよくできていること、伸ばすべきポイントをお伝えします。目標を明確にし、今後の最適な学習方法をご提案します。また、よくできたことを褒め、また修正することで伸びた部分をさらに褒めるというポジティブなプロセスを大切にしています。