インターナショナルスクールの年間行事・スケジュール例(秋学期)

インターナショナルスクールの年間行事について気になる方は多いのではないでしょうか。ここでは、埼玉県所沢市にあるコロンビアインターナショナルスクールを例に、年間行事をご紹介したいと思います。

日本の学校と同じように3学期制で、Spring Semester(春学期)、Fall Semester(秋学期)、Winter Semester(冬学期)に分かれています。今回は秋学期を中心にご紹介いたします。

下記は昨年(2017年)の年間行事です。

9月23日−25日 白馬への修学旅行

Grade11(高2)が白馬へ1泊2日で修学旅行に行きました。カヌーを体験したり、マウンテンハイキングをしたりして楽しみました。カヌーもそうですが、白馬の山をトレッキングするのは少々難しかったりします。そんな中でも、生徒達はポジティブな姿勢を見せていました。こういうところで、自然と生きる楽しさや、生きる力を養うのかもしれません。

10月10日 運動会(小学生)

インターナショナルスクールも日本の学校と同じような行事はもちろんあります。運動会では、小学生達が思いっきり力を発揮しています。また、幼稚園生やご家族も応援に来てくれていました。

10月29日ハロウィン

秋といえば、ハロウィンですね。インターですから、それはもちろん全校生徒、先生、オフィススタッフも含めて、盛大にイベントを楽しみます。ゲーム、パンプキンカービング、コスチュームパレード、そしてお決まりの”Trick or Treat”などで盛り上がります。インターでのハロウィンは思い出に残る、特別な学校行事だと思います。

11月4日 さつまいも収穫(幼稚園)

子どもたちだけでなく、親御さんも一緒になってさつまいもを収穫しました。その後はピクニックをして楽しみました。

11月20日 バレーボール大会出場

コロンビアの男子チームはとてもランキングトップに躍り出るとても良い成績でシーズンを終えることができたようです。トーナメントでは決勝まで残りましたが、イギリスの学校に破れてしまったようです。女子バレーも2位と、良好な成績でシーズンを終え、来年の活躍が期待できそうです。

11月25日 PTSAイベント(スラックライン)

PTSAとは、日本の学校でいうPTAです。詳しくは別の記事でお話しますが、インターでは親御さんが積極的に学校行事の運営をお手伝いされたりして、大活躍されています。PTSAが企画するイベントは多数ありますが、今回はSlackline(スラックライン)を企画したようです。スラックラインとは、簡単に説明すると、綱渡りを低く短くして、誰でも楽しめるように進化させたスポーツのことです。このイベントのために、プロのスラックラインのチームを学校に呼んで、指導を受け、みんなが綱渡りを実際に体験したり、他の人が綱渡りをしているところを見ながら楽しんだようです。

インターナショナルスクールへの進学に強い!

日本にいながらにしてお子様を海外の学校と同じ環境で学ばせることができることから、インターナショナルスクールは今とても注目が集まっています。また、最先端のPC環境で授業をするため、お子様はITにも強くなれます。

当教室では実際にインターナショナルスクール卒の塾長がお子様の英語力を鍛え、インターナショナルスクールへの進学・編入をアシストいたします。

無料体験レッスンのお申し込み

    土日・祝の無料体験レッスンがおすすめです。
    平日は予約が混み合い、ご予約をお取りできない場合があります。