【タイミングと効果】いつから子供を英語教室に通わせるか

子供が大きくなるにつれて、いつから英語教室に通わせたらいいのか悩むご家庭は多いのではないでしょうか。せっかくお金をかけてお子様に英語を学ばせるわけですから、最も効果的に英語を学べる時期に英語教室に入会させたいですよね。英語を始めるにあたって適切なタイミングがありますのでご紹介いたします。

英語は小3〜始めるのが効果的でオススメ

いくつかの条件を考えた場合に、小学校3年生からから始めるのが適切だと言えます。まず、英語の学習には2種類あり、「習得」「学習」があります。

無意識に学ぶ「習得」と意識的に学ぶ「学習」

「習得」というのは置かれた環境で無意識に言葉を学ぶことを言います。両親や周囲の大人との会話で子供は自然に言葉を学びます。授業では先生の話す言葉を聞いて学ぶ他、歌や踊りのリズムで英語を覚えます。この方法で言葉を学ぶと、言いたいことを何も考えなくても話せるようになります。従って、よりネイティブに近い自然な会話ができるようになります。一般的に6歳くらいまではこの方法で英語を学びます。

一方で、意識的に授業などを受けて言葉を学ぶことを「学習」と言います。英語をリスニング・スピーキング・リーディング・ライティングなどの部分ごとに分けて順番に習います。この方法で言葉を学ぶと、習ったことを考えて組み立てながら話せるようになります。ですが、言いたいことを表現するために常に文法やボキャブラリーなどを考えて話さなければならないのです。一般的に6歳を過ぎると、この方法で英語を学びます。

理想的だがハードルが高い「習得」、「学習」でも「習得」と同等のバイリンガルに育てることは可能

以上のことから、「習得」の方がより理想的なバイリンガルの育て方と言えます。しかし、日本で子供に英語を学ばせる環境や、英語教室に通う費用対効果を考えた場合は、必ずしも「習得」が良いわけではないのです。

実は、「習得」で子供が英語ペラペラになるには、6歳くらいまでに約3万時間近く英語に触れている時間を確保しなければならないのです。お父さんお母さんが日常的にご家庭で英語を話すのであれば、おそらく子供は「習得」で英語を話せるようになりますが、日本のご家庭でこんなに長く英語に触れる時間を確保するのは不可能に近いのです。従って、現実的には「学習」の方法で子供をバイリンガルに育てることになります。また、6歳くらいまで、と言うところもハードルになります。実際、小学校に上がる前の子供が英語教室に通うには、週に何回も送り迎えするなど、お父さんお母さんに大変な労力がかかりますし、本人にも負担がかかります。

将来的に「習得」と「学習」にほとんど差は出ない

では、「習得」でバイリンガルに育った子供と「学習」でバイリンガルに育った子供に、最終的に大きく能力の差が出るのでしょうか。これまで長年にわたって子供に英語を教えてきた経験から、結論として「ほとんど差はない」と言えます。確かに「習得」でバイリンガルに育てられた子供の方が英語力の伸び方にはアドバンテージがあるのですが、「学習」でバイリンガルに育てられた子供も努力次第でいくらでも「習得」に近づけるし、努力次第で追い越すことだって可能です。

小3から始めると費用対効果抜群!

6歳まで長い時間をかけて「習得」として英語を学ぶのと、小3から「学習」として英語を学び始めるのでは、小3から「学習」として学び始めた方が費用対効果に優れているといえます。その理由の1つは、学んだことの忘れにくさにあります。小さい子供(6歳くらいまで)は驚くほど簡単に言葉を覚えますが、しばらく使わないと同じくらい簡単に言葉を忘れます。ですが、ある程度大きくなって小学校3年生くらいで「学習」で学んだ英語は、子供はしっかりと覚えていられる傾向にあります。なぜなら、小学校3年生くらいになると十分な理解力・推理力があるからです。また子供が小さいうちに「習得」として学ぶ授業では主に歌や踊りのリズムや感覚で英語を覚えるのに対し、小3以降の「学習」では体系立てた学習カリキュラムが確立されており、より短い時間で効率的に英語を学べると言う点もあります。

子供といえど、年齢とともに英語を覚える力は衰える

小学校3年生は英語を始めるのにとても適した時期だといえます。それより早いとまだ理解力・推理力が追いつきませんので、英語をモノにしきれません。小学校3年生より遅く始めるとしても、小学生のうちはいつ始めても、ほとんどのケースで遅れを取り戻せるでしょう。しかし、中学生くらいになってくると、徐々に英語をすんなりとは覚えられなくなります。(ですが中学生で英語を始めるのが決して手遅れというわけではありません)理由はいくつもありますが、やはり文法や発音の仕方などが気になるあまり、失敗したくないという気持ちが芽生えて、小さい子供のように気にせず英語を使って覚えるといったやり方ができなくなるからです。中学生から英語を始める場合は、英語教室の先生の腕の見せ所です。失敗しても大丈夫というオープンな雰囲気づくりや、発音や文法の失敗を気にせず、どんどん会話をして英語をモノにするトレーニングなど、先生の腕にかかっているといえます。ただ、上記のように、子供が大きくなればなるほど英語の勉強はすんなりとはいきにくくなりますので、早い時期に、できれば小学校3年生から始めるのをオススメします。

あなたのお子様もインターナショナルスクールに。

当教室では、インターナショナルスクールを卒業した経験がある私(塾長)がお子様の英語を鍛え、お子様がインターナショナルスクールに進学するお手伝いをさせて頂いております。直近では2015年度・2016年度・2017年度・2018年度 4年連続で当教室からインターナショナルスクールへの進学実績がございます。

まずは当教室の無料体験レッスンから始めてみてはいかがでしょうか。

    土日・祝の無料体験レッスンがおすすめです。
    平日は予約が混み合い、ご予約をお取りできない場合があります。