中学校からインターナショナルスクールに進学するには

今お子様を日本の公立または私立の小学校に通わせていて、中学校からインターナショナルスクールへの進学をご検討されているご家庭、多いのではないでしょうか。日本にいながらにして海外留学と同じ環境で学習できることから、インターナショナルスクールの注目はますます高まっています。

今回は、中学校からインターナショナルスクールに入ることを想定して、必要な準備などをお伝えしたいと思います。

 

そもそもなぜ小学校のうちに編入ではなく、中学校からの進学なのか?

以前、こちらの記事でも書かせて頂いたのですが、インターナショナルスクールに入るには適切なタイミングというものがあります。

まず、小1でインターナショナルスクールに入った子供は小6の頃には大人顔負け、ネイティブ並みに英語がペラペラになっています。日本の公立・私立の小学校の子供の英語力の比ではないのです。皆さんの想像以上に、インターナショナルスクールの子供たちはとんでもなく英語が上達しています。

そのため、お子様を小学校低学年のうちにインターナショナルスクールに編入させるなら、周りの子供たちとの英語力の差があまりないので問題はほとんどありませんが、小学校中学年~高学年になって編入する場合は、周りの子供たちとの英語力のギャップが有り過ぎるので、インターの授業についていくのがとても大変なものになってしまいます。

では、今日本の公立・私立の小学校に子供を通わせていたら、インターナショナルスクールに入るチャンスはないのでしょうか。小学校での途中編入ではなく、中学校から入学するのであれば問題ありません。

 

なぜ中学校からインターナショナルスクールに入学するのなら問題がないのか?

中学校1年生でインターに一緒に入学してくる子供の英語レベルがほとんど同じであるところがポイントです。つまり、皆と同じスタートラインから始めることができます。インターナショナルスクールは中1から入ってくる子供たちがスムーズに英語の授業についていけるように、ESLというカリキュラムを用意しています。このESL(English as a Second Language)という授業では、日常的な英会話に必要なリスニング・スピーキングなどの基礎スキルはもちろん、リサーチや課題の提出に必要不可欠なリーディング・ライティングなどのスキルを身に着け、英語力を底上げします。入学当初、インターナショナルスクールは非常に丁寧に時間をかけて子どもたちの英語力を伸ばしてくれ、子どもたちはある程度自由に英語が話せるようになると同時に、インターでの勉強の仕方を学びます。その後は数学、理科、社会など、様々な教科で学習をしつつ、さらに英語力をブラッシュアップしていきます。その他、小学校高学年で編入すると、すでにあるクラスに溶け込むという「転校生としてのチャレンジ」がありますが、中1から新たにできるクラスに入る場合はそのようなプレッシャーもなく、お子様への負担が少なくなることも考えますと、やはり中1からがおすすめと言えます。

 

しかし、スタートラインは意外と高い位置にある

中1で入ってくる子供たちに英語力の差があまり無いとは言え、だからといってインターナショナルスクールに入ってくる子供たちの英語力が低いというわけではありません。どの家庭でもそれなりにお子様を英語教室に通わせたり、家庭教師に英語の特訓をしてもらったりと、かなり入念に準備をしてからインターナショナルスクールを受験しています。そもそもですが、インターナショナルスクールは年々注目度が上がっており、最近では受験合格もそれなりに厳しくなってきています。従って、お子様を中1から同じスタートラインに立たせようとしたら、小学校の間に英語の基礎をしっかりと身につけさせるなどして、インターナショナルスクール受験の準備をしておく必要があります。

 

あなたのお子様もインターナショナルスクールに。

当教室では、インターナショナルスクールを卒業した経験がある私(塾長)がお子様の英語を鍛え、お子様がインターナショナルスクールに進学するお手伝いをさせて頂いております。直近では2015年度・2016年度・2017年度・2018年度 4年連続で当教室からインターナショナルスクールへの進学実績がございます。

まずは当教室の無料体験レッスンから始めてみてはいかがでしょうか。

    土日・祝の無料体験レッスンがおすすめです。
    平日は予約が混み合い、ご予約をお取りできない場合があります。